病院でわきがの治療を受けるなら

標準

わきがを治療するという選択

わきの臭いに悩む人は男女問わずたくさんいます。特に汗をかきやすい季節には、周りの人の反応が気になって仕方がないという人も多いでしょう。わきがを抑えるための対策としては、デオドラントクリームや制汗剤の使用が代表的です。わきを清潔にして、これらの対策品を使用すればそれなりの効果を得ることができるでしょう。しかしこれらの対策ではどうにもならないほど臭いがきつい人もいます。そのような場合は美容外科などで治療するという選択肢も検討しましょう。

美容外科でおこなうわきがの治療法とは

わきがの治療法は症状に合わせて選択します。わりと軽度の場合はボトックス注射がよくおこなわれます。ボトックス注射は汗の分泌を抑える成分を汗腺に注射する方法で、保険が適用されるので費用も安く済みます。もう少し症状がひどい場合はレーザー機器を用いて汗腺を焼いてしまう方法や、わきの一部分をを切開して汗腺を取り除く方法などから治療法を選択します。治療法により料金も異なりますので、予算と照らし合わせて選択するといいでしょう。

わきがを治療したら再発しないのか

わきがの治療法のなかには効果が半永久的に続くものもありますが、治療をしても一時的な効果しか得られないというものもあります。ボトックス注射などは半年から1年程度しか効果が持続しません。ただし半永久的な効果が得られるとされるものでも、人によっては再発してしまう可能性もあります。特に医師の技量が重要視される治療法では、担当医の能力のよって効果が左右されるので注意が必要です。美容外科で治療する場合は、信頼と実績のあるところを利用するように心がけましょう。

アポクリン腺からでる汗は無臭なものです。皮膚の表面にあるたんぱく質、脂質、アンモニアなどの成分が菌により分解され臭いが発生します。これがわきがの原因になります。