脱毛処理をする時の2つの方法

標準

高出力のレーザー器機は医療機関でしか利用できない

女性にとってむだ毛の処理は時間がかかって面倒なものです。そのような時に利用したいのがレーザー脱毛です。レーザー脱毛にも種類があって、高出力のレーザー器機は医療機関でしか使用できないのです。永久脱毛をしたいのなら、脱毛サロンやエステサロンではなく美容外科などの医療クリニックで施術を受けることになります。脱毛サロンやエステサロンで使用されているレーザー器機は低出力なので永久脱毛はできないのです。医療機関で行われるレーザー脱毛ではある程度の痛みがあります。

医療機関のレーザー脱毛なら永久脱毛が可能

医療機関では痛みを軽減するために痲酔クリームなどを事前に塗っています。むだ毛というのは2ヶ月とか3ヶ月周期で生えてくるので、その周期に合わせてレーザー脱毛することによって永久脱毛ができます。だいたい5回か6回行うことになります。これに対して脱毛サロンやエステサロンで多く行われているのが光脱毛という方法です。サロンによって呼び名が違いますが、光脱毛やフラッシュライト脱毛などの名称で施術が行われています。

サロンやエステでは光脱毛で半永久脱毛ができる

光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いので、肌への作用が少なく痛みも少ないのが特徴です。やはり毛の生えてくる周期に合わせて1年とか2年間施術を行います。永久脱毛ではないのですが、半永久脱毛の効果はあります。どちらの脱毛方法でもメラニン色素が濃い部分の施術は反応が強く出るので痛みがあります。日焼けや疲れていて肌が敏感になっている時はトラブルが起こることもあるので、サロンやクリニックでも施術を断ることがあります。

医療レーザー脱毛は医師の監修の元で皮膚に負担の掛からない方法で施術していくので、初めての脱毛であっても安心できるでしょう。