目だたない歯の治療なら銀歯ではなくセラミックが最適

標準

進化している最近の歯科医療技術

最近の歯科の治療技術はとても進化しています。昔は虫歯や歯周病の治療がメインでしたが、最近は歯を白くする審美歯科や歯並びを治す矯正歯科、抜け落ちた歯を自然の歯のように再生するインプラント治療など幅広い治療ができるようになっています。以前に治療した詰め物が取れた場合にも、目だたない歯の治療をする歯科医が増えています。昔は銀の詰め物をするのが一般的でしたが、とても目立つので人前では笑えない人もいたほどです。

銀歯のデメリットとセラミックのメリット

最近では銀歯の代わりにセラミックの歯にする人がほとんどです。セラミックは銀よりも目立ちませんし、丈夫です。また銀歯にすると歯との間の隙間から虫歯菌が侵入して虫歯になるケースが多かったのですが、セラミックの歯にすればその心配がなくなります。銀歯は性質的に劣化しやすいのですが、レラミックは陶器の1種なので長持ちするのです。また銀歯にすると金属の成分が溶け出して歯や歯ぐきが黒ずんでしまいます。歯は酸性の食べ物やアルカリ性の食べ物などを咀嚼するので、銀歯は影響を受けやすいのです。

セラミックは自由診療なので治療費の安い歯医者を選ぶ

目だたない歯の治療をする場合は歯医者の選び方も気をつける必要があります。新しくできた歯医者ならたいていセラミックの治療をします。ただしセラミックは保険診療が認められていないので治療費が高いのが難点です。自由診療なので歯医者によって値段も違ってきます。なるべく手頃な値段で治療してくれる歯医者を選ぶ必要があります。近所などで実際に治療したことのある人に尋ねると、どのくらいの費用がかかるか予想がつきます。一般的に評判の良い歯医者さんは値段も良心的です。

オールセラミックとは歯の治療で被せ物や差し歯をするとき金属を使わない治療法です。金額はかかりますが、金額を使わない分、見た目がとても綺麗で自然に仕上がります。