自前の脂肪を無駄にしない豊胸術

標準

自分の脂肪を胸に入れるメリット

自分の体から取り出したものを使っているからこそ、豊胸に使う素材として極めて安全ですし、ヒップなどのたくさん増えすぎてしまった脂肪を吸引した後、それを有効利用することができます。胸は乳腺を除いてはほとんど脂肪で構成されていますから、豊胸バッグやヒアルロン酸などと比べて触った時に違和感を与えません。寝る姿勢になる時にも、豊胸前と同じように脂肪が流れて形が変化しますから、整形した胸特有の変形しない胸にはなり得ないのです。

注意点ともう一つのメリット

脂肪を注入する場合の注意点としては、脂肪に老廃物が入っている場合には胸にしこりが発生する可能性があるという事が挙げられます。また、注入した脂肪が確実に定着するとは限らないという点も覚えておいた方がいいでしょう。これらの点は新しい脂肪注入法の登場でかなり改善されています。もう一つのメリットは、自分の脂肪を取り出すことで豊胸のついでに自分の理想の体型ラインに近づくようにボディメイクができるということです。

ピュアグラフト法とは何か

豊胸は美容整形でも依頼件数が多く、理想の形と触感、違和感のなさを追求するべくどんどん技術が改良されています。違和感のなさや安全さに優れている脂肪注入法も、ピュアグラフト法という新しい方法が編み出されました。これは抽出した脂肪に含まれているしこりの元になりやすい、脂肪以外の邪魔な物質を真空状態でフィルターを使ってろ過することで、純度が高く元気な脂肪細胞だけを胸に注入する方法です。この方法が登場してからしこりが発生しにくくなりました。

小陰唇縮小の手術をする女性の主な理由は、夜の営みへのコンプレックスからきています。自分への自信のために手術をする人がいます。